読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あの懐かしい名作をもう一度

昔の漫画を週一でレビューします

泥なんて何だい!「うしおととら」1~25巻

「泥なんて何だい!」

f:id:furan:20150726223021p:plain

(19巻 68ページより)


うしおととら」の連載が始まった時、私は小学生でした。
当時は兄がサンデーを買っていたので読もうと思えば読めたんですが私は読まなかったんですね。
何故読まなかったというと人がバンバン死んで怖かったからです。
それでも怖い物見たさで飛び飛びで読んでたんですが本格的に読み始めたのは中学生の後半からになります。
その時に読んだのがこの「泥なんて何だい」のエピソードでした。


うしとらには多様な面白さがあるためにその魅力を一言で言い表すことができるものではありません。
それでもその多様さのうちの一つに蒼月潮という主人公の格好良さがあると思います。
スタイリッシュとかスマートといったモノとは真逆の泥臭いけれど熱くて真っ正直な格好良さ。
それでも男子たるもの時代を超えてこういった格好良さには憧れを抱いてしまうものだと思います。
うしおととら」が不朽の名作と言われているのもそういった理由があるのでしょう。


それと多様な面白さのうちで忘れてならないのがヒロインの可愛さでしょう!
前述したとおり、物語は中盤になるまで飛び飛びで読んでいたのである程度は把握してたんですが、その中でも印象に残っているのは鷹取小夜さん。

f:id:furan:20150726223119p:plain

(6巻 41ページより)


この座敷童のエピソードは珍しく人が死なないものだったから読めたというのもあります。
エピソードの冒頭で小夜さんが全裸を披露してくれたから食いついたという理由も否定できませんが。(笑
でも全裸よりもこの最後に見せてくれた笑顔の方が断然に魅力的でしたねー
潮は女の子の涙を止めるだけでなく、笑顔にすることができる主人公だから格好良いんだよなぁ。


それと個人的に忘れてはいけないヒロインとしては鎌鼬のかがりが居ますね。

f:id:furan:20150726223153p:plain

(24巻 8ページより)


妖怪だけどシリーズ通して一番真っ当にラブコメしていたのはかがりなのではないかと思います。
その相手がとらというのも中々に興味深いですが、とらはとらで格好良いから納得モノですよね。
私は普段はバブル全盛期を思い出すボディコン姿だけに、たまにこういった和服姿を見せてくれるとギャップにやられちゃったんだよなー


それにしてもTVアニメ化に伴いブラウン管のテレビが薄型テレビになり、ブルマが短パンになったりと時代に合わせて色々と変更されてましたが…
流石にかがりの服はボディコンのままでしょうね…?
OPを見る限り大丈夫だとは思うのですが…!
ただ、全39話ということから考えてこのエピソードは削られそうなのが残念です。
うしとらのTVアニメを見て懐かしく思い、原液そのままで楽しみたくなった人は電子書籍で揃え直せばスペース取らなくて便利ですよ!
何故かKindleまとめ買いだと1~25巻と26~34巻の二つの分けられてるけど。

 

 

26~34巻の思い出話はまた来週以降にしたいと思います。